川上村とは

奈良県川上村は、吉野川・紀の川の源流にある水源地の村。

かつては吉野林業の中心地として栄えた村です。

人口は約1320人、高齢化率は約56.5%。(平成27年国勢調査)

面積は約269.16ku、そのうち約95%は山林です。

アクセス

近鉄吉野線「橿原神宮前駅」から「大和上市駅」

まで電車で約50分。

大和上市駅から川上村役場までバスで約40分。

大阪市内から車で約1時間30分。

村内の交通

やまぶきバス(村営コミュニティバス)

村内外への移動はもちろん、通学・通院(病院・歯医者など)や最寄の駅(大和上市駅)への移動も可能です。

ゆうゆうバス(広域連携コミュニティバス)

下北山村から大淀バスセンターまでの区間を運行しています。

スマイルバス(吉野町営コミュニティバス)

やまぶきバスと相互乗り入れを行い、村内は杉の湯まで運行します。
※ゆうゆうバスは距離制運賃。他のバス料金は200円です。  
ただし、ゆうゆうバスも手続きを行なえば200円で乗車できます。乗車券等が必要になりますのでご注意ください。

やまぶきタクシー(川上運送)

村民の方が村内を移動する分に限り、運賃の半額を助成します。

ニコニコ号(デマンド型乗合自動車)

予約制で決まった曜日に、対象の集落から最寄のバス停まで無料で送迎を行います。

生活環境

ごみの分別回収による廃棄物の再資源化・減容量化、浄化槽の設置推進など村の環境美化を積極的に推進しています。

し尿処理

ほとんどの世帯に浄化槽が設置されています。村が指定する合併処理浄化槽を新設等される方に、設置費用の一部を補助金として交付します。

水道

簡易水道を使用しています。

保健・福祉・医療

医療

川上村診療所

医師1名、看護師2名が常駐しています。

川上村迫1334-23 TEL:0746-52-0344

川上村歯科診療所

毎週火曜日と金曜日に近隣町の歯科医による診察があります。

川上村大滝30 TEL:0746-53-0344

福祉医療

0歳から18歳までを対象に医療費を全額負担しています。

教育

小・中学校が一校ずつあり、ほとんどの児童・生徒がスクールバス通学をしています。

川上小学校

川上村西河105-1 TEL:0746-53-2026
全校児童26名(平成28年4月1日現在)

川上中学校

川上村人知270 TEL:0746-52-0014
全校生徒11名(平成28年4月1日現在)

やまぶき保育園

全園児13名(平成28年4月1日現在)

2歳からの子どもをお預かりしています。(1歳児からの入園は、保護者が仕事・疾病などの理由により家庭で保育できない児童になります。)※一時預かりは0歳10カ月からです。19時までの延長保育も実施しています。


→【吉野郡8村保育教育施設情報.pdf資料】各村の教育への取組みがご覧になれます。

情報通信

携帯電話

Docomoとauは村内ほとんどの場所で通信可。ソフトバンクも国道沿いでは通信可。

TV・インターネット

CATV会社とのプロバイダ契約により通信サービスが利用できる。

産業

林業

日本三大人工美林の一つである吉野杉発祥の地として林業で栄えてきた村ですが、近年は厳しい状況が続いています。村では林業の再興のためにさまざまな取り組みを進めています。

観光・施設

森と水の源流館

迫力あるスクリーン映像と巨大ジオラマなどを通して、吉野川源流「水源地の森」を体験できる施設です。

匠の聚

多彩な芸術家たちのアトリエをはじめ、ギャラリーや作品づくりのための穴窯、工房、宿泊施設、研修室が揃い、誰もが気軽にアートを親しめます。

ホテル杉の湯

公営で唯一の政府登録国際観光旅館。客室やレストランからは壮大な吉野杉の美林やダム湖面が一望できます。

やまぶきホール

やまぶきの葉をモチーフにした大屋根が特徴の総合施設型ホール。343の客席があるホールや研修室などを完備しています。

図書館

どなたでも無料でご利用いただけます。川上村内にお住まいの方、在勤・在学の方、または吉野郡内にお住まいの方は、本を借りることができます。

開館時間:午前10時〜午後6時

休館日:月曜日、祝日の翌日、月末、年末年始